カテゴリ:日記( 54 )

これで社会も好きになる?

学生の頃から「社会」という教科は好きになりませんでした。
なぜかなぁ・・・。
それは未だに尾を引きずっています。

ところでいまCMで東海地方だけかもしれないのですが、「こんな地図は今までになかった!」ということでテレビでも西田敏行がCMをしています。
確かにまるで地図を見るのが好きになりそうなノリでした。
はあ・・・。

で、新聞の折り込みチラシを見ると確かにそのチラシがありました。
地図が好きな配偶者がチラシを熱心に見ています。
「確かにおもしろそう」とのことで・・・。
そういうのって一家に一冊ってなノリで買いなのかしら・・・とおもいつつ、でも地図って高いというしなぁ・・・と何気なく思ってみてると
「うっ・・・」と言う何とも言えない配偶者のうめき声が・・・。
「¥29000だって・・・。これは・・・。」

うっっ!
やっぱり高かったか。

特典にルーペ付き腕時計がついてくるらしいのですが、それいらないと言っても金額は変わらないんですよね。

西田敏行があの人の良さそうな笑顔で「いいね、いいね!」と寝ながら満足そうに言っています。
そりゃ、そーだ。

「いいね、いいね!」と指くわえてみてるだけになりそうですが、そこのリッチなアナタはお買い得かもよ!
[PR]
by daunaa1 | 2009-08-28 13:24 | 日記

新種発見

微妙な食べ物を発見。
また例のごとく期間限定にひかれて・・・。
ここでダウナーのブログ内でリンクを張りたいのですが、ただいま非常に愛機が不安定で、すぐ落ちるのではることができませんが、「ヴァニーユ」の話。
同じノリです。

さて新種とはカルビー かっぱえびせん「永谷園のお茶づけ海苔」味。

なんだこれ!?ってな感じでした。
テレビ東京のワールドビジネスサテライトをよく見てるのですが、色々商品開発に当たって色んなアイデアなどを取り入れて行かないとこの先企業は生き残っていけないとか、よくボケラーと見てるのですが。
今回のはカルビーなんですけど永谷園とコラボレーションして出て来たんですよね。
生き残りをはかっているのか?
パッケージがお茶づけ海苔、黄、黒、緑のあのカラーリングにかっぱえびせんのエビがセンターに踊っています。

ここで少し話は離れてしまいますが、ダウナーはやっと最近になってお茶づけを食べることができるようになったんです。
おどろかれるでしょうが、そうなんですよ。
まあまあ好きなお茶漬けはなめたけ茶漬け、でしょうか。
熱々のご飯の上になめたけ(ナ○ノのなめたけ茶漬け)をのせて、玄米茶(入れ立て)をいれて、マグマグ食べると、おいしいなぁと初めて感じました。
うれしかったです。
日本人たる者、お茶漬けを食べられないなんてと過去友人等から驚きとバカにされてるような事を言われ、
「消化に悪いからね!」
と、強がりを言っていたのですが、悔しかったんですよ。
もし、フジテレビの「みなさんのおかげでした」の「食わず嫌い王」にでるとして、嫌いな食べ物にお茶漬けが出たら絶対ばれるような食べ方してるだろうな・・・て、思ってしまうくらいのリアクションしかできない・・・。
ってまあ、一般人なので出ることなんてないが。

基、分身を撃沈させホッコリとお茶を飲んでると配偶者が口寂しいので持ってきてむしゃむしゃ食べていたんですよね。
ここでダウナーいけないのが、お菓子の袋がワシャワシャと音を立てるとおなかがどんな状態であろうとも食欲が湧いてくるんです・・・。
無視!無視!とおもいつつ
「一口どう?」
と配偶者から進められると
「じゃあ・・・」
と食べてしまうダウナー。
あああ、じぶんにまけた。
パクリ、モギュ、モギュ・・・。

んーーー、かっぱえびせんに海苔が振ってあるのでそういう味がします。
そこまでは普通。

でも次だよ!
お茶づけ海苔がぁぁぁ、味する!!

「なんじゃこりゃ」
ダウナー、松田優作よろしくです。
しかし静かに配偶者は
「だろ。かわってる。」
と淡々と食べていました。
しかしあれでしょうか。
基本的にダウナーはお茶漬けが好きではないからでしょうか。
お茶漬けを食べたようで急におなかがふくれてきたような気分になり、ずずず・・・と紅茶をすすってました。

期間限定でしてよ。
レッツ、トライ。
インプレッションはいかが?
[PR]
by daunaa1 | 2009-08-07 13:19 | 日記

チャーリーとチョコレート工場

DVD「チャーリーとチョコレート工場」見ました。
おもしろかった。
ジョニー・デップがかっこよかったー。
なんだかにわかジョニー・デップファンになっています。
いつものことなんですよね・・・。

この映画は確か夏頃封切りしたのかな?
見たかったのは見たかったのですが、見ることができなかったのである人から原作の本を貸して頂き読みました。
原作は原作で、児童文学なんですけれども非常におもしろくてたまりませんでした。

原作でもワンカさんは皮肉ってるし、とらえどころのない人柄をかかれてましたが、ジョニー・デップはこの上をいってます。
動きもコミカルで、伏せ字モードオン、
透明のエレベータに激突するワンカさん、チョコレートの川でおぼれる男の子色々、分身はそういうところで笑っていましたし、ダウナーはダウナーで痛烈な皮肉りようがいい味を出していて親子共々楽しめるモノとなっています。

分身と見たので吹き替え晩で見たのですが、ワンカさんの声があの、あの藤原啓治です。
飛んで頂ければ声優の履歴がわかるかとおもいますが、あのクレヨンしんちゃんのパパ、ケロロ軍曹のナレーション、そしてダウナー自身今驚いているのがケロロ軍曹に出てくるあの執事ポールが・・・藤原啓治だったとは!!
ワンカさんの人柄に合ってると言った声優を当てています。

そしてですね、驚いたことにこの映画にはジョニー・デップのほか、クリストファー・リーがでています。
クリストファー・リーというとダウナーの記憶に新しいところではロード・オブ・ザ・リングのサルマン、スターウォーズのドゥークー伯爵ですね。
おどろきました。

そして、そしてウンパ・ルンパというキャラクターがこの作品には登場するのですが、何かね、どこかで見たことあるんですよ・・・。
愛・地球博のグローバルコモン1か2ぐらいでモノ売ってませんでしたか?
なんか、見たことあるんですけど。
気のせい? 

楽しめますよ。
チャーリーとチョコレート工場。
次回作の「コープスブライド」も楽しみですね。
ジョニー・デップは主人公の男性の声を当ててるのは有名なんですけど、またもやクリストファー・リーも声を当ててますよ。
ティム・バートン監督。
この3人つるんでる?
[PR]
by daunaa1 | 2009-07-19 13:17 | 日記

感謝・感激・あめあられ!!

あのっ、あのっ、みなさん。
特に美人さんの例の件でコメントをいただきました、
暖かい応援をいただきありがとうございます。

ボキャブラリーも少なくて、ましてやパソコン越しの文字かイラストかで伝えることしかできないブログ上にこんなに心熱くなるコメントを!寄せて頂き幸せもんじゃ~。

文字越しに皆様の心温まるステキな熱いモノがどんどこどんどこと流れ込んでくるのが伝わってきましたよ。
うん、もどかしいくらいに文字と言葉が出てこなくて(老化?!)そこら辺にある言葉でしか伝えられないダウナーは苦しいぐらい、狂うくらいうれしいです。
とりあえずは、とりあえずは謝礼を申し上げなければ!!と言う気持ちが先走り書かせて頂きました。

ありがとうございました!!
[PR]
by daunaa1 | 2009-06-29 13:17 | 日記

哲学バトン

哲学バトンをいただきました。
哲学とはなんぞや?
辞典で調べたところ、
1,事物・人生・世界などの根本の原理を究める学問 
2,人生の方針。事をする上のよりどころ

この場合後者でしょうなぁ。
しかし、哲学なんて難しい言葉の通りのことを答えられるかどうかわからないのです。
「それ・・・哲学?」とつっこまれるかもしれませんが、なにとぞダウナー的テツガクを書いていこうと思います。

Q1受け取ったワード「命」のイメージとは・・・
全ての源。
大いなる奇跡。
そして苦しみ。

Q2渡すキーワード
青空

Q3今までのそれぞれのキーワードについて最初に思いつく言葉

全ての終わり。
次の出発。

時間
限りないようで限りある区切り。

信頼
一見薄くて暑い、かと思えばオブラートくらい危うい。
博打的な感情かね。

至福
感情が満たされるとき。
無駄なことをしてるとき事ほどこういう感情を隠せずにはいられないのではないかな。

写真
一瞬の永遠。
時間の切り取り。

アート
ダウナーのしたいことを表す糧の一つ。
生きていると言うことを感じられる瞬間。
けどツライ作業。

情熱
若いときの勢いに似ているか。
今はただ胸の奥に時々見え隠れする。
時々我を忘れる瞬間かも。

家族
他人と他人でできた不思議な集団なんだけど、そこには自らの血をミックスさせたネクストゼネレーションがいるという、縁が濃い者同士集まって暮らしているグループをそうして呼ぶ名詞。

好奇心
いつになっても忘れてはいけない心か。
未知との遭遇。

癒し
ダウナー自ら内なる力をわき出して、傷ついたところを直す力。
人にその力を借りることも多いが、一番肝心なのはダウナー自身の心の力のことをいう。


色んな世界に飛んでいけたり、知識を仕入れたりする紙に文字が刻んである書物。
しかしながらこれで全てと信じてはいけない。


ダウナーの命の半分。
いいも悪いもこの人の半分はダウナーが受け継いでいるぞね。

掃除
ダウナーの運動の一部。
キレイになると嬉しくなるがツライ作業でもある。
みそぎという言葉も存在するが、そんなことで心がキレイになったら苦労はないだろう。


こころころころ。いつも変化していく難物。
夏目漱石にも同じ名前の小説があったっけ。


命が芽吹く一年の中で一番輝く瞬間でもあるが、別れと出会いの季節でもある複雑である季節だなぁ。

記憶
昔のことばかり思い出す、懐古的なモノか。
学問的には、ダウナーほとんど残っていません。
どこかにコロコロと落としてきました。
しかし断片的によみがえる。
いいことも悪いことも。

不思議
マジック。
しかしこれらは事前に何かを仕込んでおくんだよね。
やはり心とか精神的な物をさして言うのかもしれない。
もしくはダウナーが理解できない事柄など。

ムダ
この世にそんなことなんかあるモノか。
無駄なことほど幸せが隠れているモノだよ。
無駄な生活を満喫してみたいね。

友人関係
全ては変わっていく。
女は特に信じにくい関係であるといえましょう。
遠くの親戚より近くの他人の方を信じるダウナーは、懐古的友人家計は昔の出来事。
継続ナッシン。今の友人を大事にします。


心が真っ白になる状態。
書道をしてたり、カットを書いてるとこういう感覚に陥りますね。
全てのことを忘れる不思議な事象である。

正義
時代劇によく見る現象。
「これが目に入らぬか」!!
勧善懲悪モノはいいね。
それくらいかな。

青春
甘酸っぱい、しょっぱい。
しかしながら再度この時期をくぐり抜けてみたい気持ちがてんこ盛り。
心に青春はたまに必要になるモノです。
スパイスって所。

対話
ダウナーとダウナー。
パソコンの誰かとダウナー。
分身と配偶者とダウナー。
コミュニケーションは必要なモノです。

平和
いつもダウナーの心に住み続けて欲しい感情です。
嵐や低気圧、西高東低でかきみだされるからねぇ。
もしこの瞬間が迎えられるとき人は滅びてもいいのではないのでしょうか。
これ以上のモノは何者でもないからねぇ。

無限
言葉だけはぞんざいするだけで本当はないんじゃないかなぁ。
人の命も、時間も決められてる。
強いて言えば人がかなりインパクトを受けたりするとそのときの心はこういう感覚に陥ったり。


春に咲く花。侍のように潔いかも。
現実はそうでもないけど。
日本人の心に咲き続ける花かもしれませんね。


そら。
うえ。
あげる。
神棚とかにかかれたりしますね。
神様がおわします場所。


開けると風が入ってくる他の世界に通じる入り口とでも言いましょうか。
換気はこまめにね。
社会の窓は閉めておいてね。


ビッグバン。
喜びと苦しみ。
いいも悪いも。
というのも、仏教では老病生死は煩悩の全てという言葉を強く信じるダウナーは、いいようには考えられないのです。

自由
それが少ない方が人間は人間らしく生きられるのだダウナーは信じております。
束縛があるからこそ自由が恋しくなる。
それくらいが丁度いいダウナーですよ。

世界
色々と存在する空間。
いい世界を旅してみたいです。

痛み
味わいたくないけど味あわないと駄目な事柄か。
生きていく上では避けては通ることはできない現象。
しかしそれをより多く味わうと人間として厚みが増す。
しかし味わいすぎると斜交いにしか見られなくなると言う悪い副作用も。
ビーケアフル!

滲み
じわ~り。
いっぱいあるよね。


ダウナーには敵であると共に、ダウナーをおとしめる瞬間。
しかし適度にコントロールすると人生バラ色に。

輪廻
あるよ、これは。
因果応報。
善因善果。
悪因悪果。
ぐるぐる。

幸福
まずはダウナー自身がこういう風に感じると、不思議に周囲にも溢れてくるという感じに思えます。
[PR]
by daunaa1 | 2009-04-30 13:16 | 日記

バトンが来たの

お久にバトンが回ってきました。
お題は「好き」バトンだそうです。
それでは早速レッツラゴー!

Q1好きな寿司ネタはなーに?
ローリングしか最近では行ったことないんですけど、サーモン。
タマネギスライスとマヨネーズがのったもの。
2回くらいはオーダーします。
ハマチも好きかな。
穴子、ウナギ系も。
がりも、お茶も。

Q2好きな車はなーに?
やはり今乗ってるプリメーラワゴン。
バックビューモニターがついてるのでバックで駐車するのが便利です。
少し前まではダイハツのストーリアに乗りたかったですね。
しかしダウナーか分身なら軽でもいいですね。
実用的ならワゴンR。
NISSANのキューブもいいですよね・・・。

Q3好きな寝相はなーに?
妊娠後期の時に体が楽になる寝方。
体を横にして・・・。
うまく言えない!
だから仰向けとかうつぶせとかではねないんだって!
そういう寝方です。

Q4好きなお笑い芸人はだーれ?
んーー。
やはり・・・ぐっさんこと山口智充さんかな。
携帯の待ち受け画面もくちじゃみせんのぐっさんの黒木さんなのだなぁ。
配偶者やイケメンタレント、分身ではないのがポイント。

Q5好きなスポーツはなーに?
実は好きなスポーツはないんです・・・。
野球も、ゴルフも、サッカーも・・・。
結果さえ聞いておけば世間に置いてけぼりならないよねって感じなので、ダイジェスト番しか見ません。
それも本を読みながら・・・の、ながらでしか。
でも、からだをうごかすんだったらバレーがいいかな。
もう動かないかもしれないけど。

Q6好きな都道府県はどーこ?
大阪とか、京都、滋賀県、奈良もいい。
愛知県もいいですね。
やっとダウナーの都になってきました。

Q7好きな料理はなーに?
なに?
それってダウナー自身が作るってコト?
トンカツかな。
お総菜ならクリームコロッケ。
上げ膳据え膳なら貝の牡蠣やイカスミ以外ならなんでもいいよう。

Q8好きな番組はなーに?
いっぱいあるんですが・・・。
金色のガッシュベル、BLOOD+、ワールドビジネスサテライト、ドラマ(今はまだ始まったばかりで決めかねる)水10!
映画枠、(特に25chのは)、お願いマイメロディ・・・と。
ほとんどがアニメでひしめき合ってるのが怖!

Q9好きな漫画、雑誌はなーに?
雑誌はガンガンといってもその中の「鋼の錬金術師」「ソウルイーター」は一生懸命に読むけど・・・それ以外は・・・。
ヤングユーはなくなってしまったし・・・。
漫画はたくさんありましよ。
まずは天野こずえ「ARIA」、荒川弘「鋼の錬金術師」、高橋しん「きみのカケラ」大和田秀樹「機動戦士ガンダムさん」、甲斐谷忍「LIAR GAME」、藤島康介「ああっ女神さまっ」、ゆうきまさみ「鉄腕バーディ」、幸村誠「ヴィンランド・サガ」、CLAMP「ツバサ」・「HOLic」、細野不二彦「ヤミの乱破」「ダブルフェイス」、吉崎観音「ケロロ軍曹」、雁谷哲・花咲アキラ「お美味しんぼ」、樋口達人・吉野弘幸・佐藤健悦「舞ー乙 HIME」、森薫「エマ」、安彦良和「機動戦士ガンダムORIGIN」、GAINAX・貞本義行「新世紀・エヴァンゲリオン」、しげの秀一「頭文字D」、羽海野チカ「ハチミツとクローバー」他、吉田秋生、星崎もちる、これから読んでいくモノ、ゆうきまさみ「パトレイバー」、曽田正人「め組の大吾」
うはー、なんか漫画漬けだなぁ。ガンガンなどが貯まるわけだ。
[PR]
by daunaa1 | 2009-03-01 13:53 | 日記

ARIA

最近このコミックにはまっています。
「ARIA」。

最初は深夜枠でしていたアニメでした。
何気なく見ていたモノなんですけど、不思議な感じで淡々と話が進んでいくんです。
血湧き肉躍る・・・。そんなノリのストーリーも大好きです。
一か八かの勝負に出て・・・そういうのも好きですが、これは全く違うんです。
主人公の生活を淡々とつづられていく・・・そんな感じの、日記帳なんです。

ストーリーとしては水の惑星「AQUA」、元は火星で、地球人(マンホール)が移住をするため改良したところ水が豊かな星に生まれ変わり、そして・・・舞台となる町はネオ・ヴェネツィアというところで、イタリアになるヴェネツィアを模したところ。
そしてそういう町でアイドル的職業が水先案内人「ウンディーネ」と言うのがあるのですが、主人公・水無灯里(みずなしあかり)はウンディーネでもまだ修行中の身。
文明が進んでるマンホールから移住してきてまだ1年にも満たないので見るモノ、聞くモノが全て真新しく感じるです・・・。
そして今日も一人前のウンディーネを目指すべくネオ・ヴェネツィアの町に舟(ゴンドラ)を流していきます。

灯里ちゃんの目線で、四季の移り変わり、町の営みがかかれていて、特に何が・・・と言うストーりが進むというわけではないようです。
非常に町並みがキレイにかかれています。
ヒロインの心理がほんわかと、ゆっくりとした性格で「癒し」という言葉が似合いそうです。
漫画はこんなタッチです。
そのままコピーしようと思ったのですが大人の事情を考慮してダウナーがコピりました。
本当はもっと美麗です。

灯里ちゃんがだっこしてるのは、灯里ちゃんがつとめてる会社「アリアカンパニー」の社長です。
ウンディーネを営むところは青い瞳を持った猫が社長になるというのが決まりのようです。
「ぷいにゅ!」と鳴きます。
他にも色んな猫が出てくるのですが、アリア社長が一番かわいいです。

このアリア社長は作者・天野こずえさんの愛猫を元にキャラにしてあるようです。

まだダウナーは2巻ほどしか読んでないのですが、1巻の4話目で神社の話が出てきます。
後書きに書いてあったのですが、元になったのは京都の伏見稲荷大社だそうです。
確かに!
ダウナーも実家が昔、自営業をしていたので伏見稲荷大社と言えば商売を司る神様がまつられてるのでよく行きました。
しかし、山には登ったことはなかったんです。
伏見大社にはお参りする山がありまして、ダウナーも初めてここに訪れたとき、何とも不思議な神懸かり的な場所だと感じたのを思い出しました。
 
この話を読んだとき、再度行きたいと思いました。
分身は絶対歩けないので連れて行けない・・・から実家に預けておいて配偶者と一緒に行きたい気分になりました。
あの赤い鳥居の、ドーム上に見える道は神隠しにあっても不思議ではない場所かもしれません。
ダウナーは、結婚前に勤めていた会社の近くにJRの高架線がありまして、郵便局などに行くときいつもここを通ると不思議な気分になりました。
合わせ鏡のようにずっと続いていくような高架線を見て。
コンクリートの高架線でさえそんな気分になるくらいだから赤い鳥居だと尚不思議な気分になるかもしれません。

「ARIA」はそういった、昔体験したけど忘れていた思い出などを思い出したり、漫画自身の中で旅行に行けたりというホットできるような空間に放り出される漫画です。

漫画 試し読み
[PR]
by daunaa1 | 2009-02-07 13:07 | 日記

冬季限定

よくお菓子やラーメン、いえ、食べ物にとどまらず商品に「夏季限定」「限定」と書かれていると、これって今買わないと駄目かもしれない、欲しいときにはないかもしれないと感じたりしませんか。
あおられませんか。

ダウナー思いっきりあおられます。
お菓子とかちょっとしたモノなら間違いなく買ってしまいますね。

さて、そんなあおりにあおられて買ってしまったお菓子で、これはなかなかイケるぞといったものがありました。
森永・小枝「ヴァニーユ」。
バニラの香りが高く、ホワイトチョコとのまったりとした味わいがたまりません(やせることができない理由)。

冬季限定とのこと。
これはみなさん、コーヒーのお供に、お友達のお茶菓子に、一人でこっそり食べる隠れお菓子にぴったりだと思われます。

ただ、こういうシリーズ、数本だけで一袋に梱包されているのでたくさん食べてはいけない気分になります。
でも味は・・・G☆J。

冬季限定。
今しかない。
コンビニ、スーパーに急いで買いに行きたくなるよ。
ならない?
[PR]
by daunaa1 | 2009-01-17 13:36 | 日記

ことば なまいきよ、きー編

昨日晩ご飯の後かたづけをしていたときのことです。
配偶者の大きな笑い声がしてきました。
ジャ~~~という水の流れる音でだいたいの音はかき消されるので、ダウナーは気になってしまい顔を覗かせるとどうも分身がニタ~と笑ってるので、笑いの原因は分身と言うことが判明。

その晩配偶者は自らの胃のキャパシティを100%近く満たしたため、下を向くとヤバイと言った状態になっていたみたいです。
ですからダウナーが「寝てれば?」と言ったのがコトのきっかけだったようです。

「食べてすぐ寝ると牛になるよ」と言う配偶者の言葉。
確かに昔からそういわれますね。
そういった何気ない会話の中に分身がなんと!
かくのたまったそうだ。

「おかあさんみたいに?」
分身、アナタ、ダウナーのことをそう思っていたの?! 

牛?! 
あのモ~と鳴く?!

きーっ、ダウナーはね、モーとは鳴きません。
キーっとうなります。
[PR]
by daunaa1 | 2008-12-05 13:08 | 日記

ゲシュタルト崩壊

昨日新しい言葉を覚えました。
それは「ゲシュタルト」。 
ご存じかもしれませんが、言葉の意味は、ドイツ語で「統合された形」「形容」だとか。
ググッたんですけど、どれも言葉を説明するのに難しい説明文で、一番わかりやすいのは「ゲシュタルト」と検索エンジンに入れて検索結果のページだけで判断する方がこんがらないかと思われます。

そもそも「ゲシュタルト」なんて言葉を知ったのは心理学の本。
読んだ瞬間「ゲシュタルト」崩壊ってなんだろう?と思って、調べたのがきっかけなんですけれども。

わかりました。
ダウナー、またひとつおりこうさんになったよ~。
そう感じたのです。

そして今朝、配偶者が忙しく会社に行こうとしているそんなエマージェンシーなときに興奮しながら「昨日新しい言葉覚えてね、えっと、えっと・・・」。
配偶者はコートを着たり忙しい。
「げ、げ、げそ・・・違う。げ・・・たると。そうタルト、タルトが付く言葉で、げそ・・・タルト!」
「はぁ?」

配偶者は頑張ってこのダウナーの根気がいる作業につきあってくれてます。
ダウナーは時間が気になってきます。
急がねば!!
「あのーあれ!!げす・・・げそ・・・たると・・・ほぉーかいっ!(ああ、きちんとした言葉で伝えるはずだったのに・・・。」

配偶者はドアを開けながら
「あーあ! それをいうならゲシュタルト崩壊だろ?」
知ってたんだ・・・っつか、有名な言葉なんだ・・・。

ダウナー自身色々なところでゲシュタルト崩壊を起こしています。
行ってらっしゃい・・・。

ゲシュタルト療法
[PR]
by daunaa1 | 2008-11-17 14:27 | 日記