4月は何かと忙しい

4月って何かと忙しいですね。
12月よりましかな、でも。

今年で分身は幼稚園から卒園して、小学校に入学します。
準備物も最低限ならランドセルだけでもいいんですけど、でもそれだけじゃあねぇ。
おいわいもそろそろいただきそうですし。
分身自身も自分の空間というのをそろそろ意識し始めてきてます。
ですから、そろそろ子供部屋、今までは曖昧な部屋としか(いわゆる物置と分身の荷物があると言うだけの部屋)いえないものなのですがメイキングしてやろうかと重い腰を上げずにはいられない状況になってきました。
こちらでも取り上げてますが、まだ買ってはいません。
しかし、そろそろだと思っております。

さて、そんな金銭的にも逼迫しそうな昨今、分身の園ではただならぬことが企画されています。
それは今月末、東京で音楽の発表会が開催され強制的に行かされることに。

分身の幼稚園は音楽に強く力を入れており、最終的には簡単なポップスくらいは演奏できるくらいにはなります。
大人には理解しがたいやり方で音譜が読めるようになったりします。
それはそれで嬉しいのですが、東京って!
交通費、宿泊費だけでもかなり・・・に、加えてこういう大きなホールを(他の幼稚園も参加する)貸し切るとき座席代(それも1日指定席)、参加費、パンフレット代は強制的に徴収されます。
衣装代もかかりました。
制服だけではいかないところもあるようです。
貯金をつきこわし!
最後の仕上げといたしましては、ビデオ販売、そして記念写真1枚につき¥1000くらい。
イーヤイヤイヤァ!
子供に対する商売とはかくも足元を見られるものなんですよぉ。
七五三に始まり色々。
搾取されていきまするよ!
と、いうことで明日の午前中に幼稚園でJTBの説明会があり、宿泊施設や交通機関を依頼した家庭はこの説明会にてお金を徴収されます。
ダウナーみたいに核家族ならそう大変でもないのですが、兄弟の多い家庭などは¥100000単位近く吹っ飛んでいきます。

そうでなくても、明日は小学校の説明会があります。
年々システムが変化していく小学校のカリキュラム。
無視するわけにはまいりません。
しかしこの季節柄、インフルエンザ、胃腸風邪、ノーマル風邪が蔓延してます。
昨日に至っては作品展という名のもと、時期遅れの文化祭のようなことがありまして、分身を従えていったところ3人に一人という割合くらいで、風邪か、インフルエンザが家族内で起こってるという事実が発覚。
マスクが必須。
飛沫を浴びること厳禁状態。
しかしながら無邪気な子供達は、表で誰彼無く遊んでかけずり回り、親たちは疲弊困憊、熱を出しながらでも、先週インフルエンザになって未だに体が本調子ではない方も、はいつくばってでも出席されてます。

この音楽会強制的なんですよ。
まじに。
子供が熱が出ようと、立ってられる状態が少しでもあるなら、点滴してでも、はってでも出席せねばなりません。
今回に至ってはお金も半分払っていますから。

今までこういう大きなイベントに分身がダウンすると言うことは何回かございまして、そのたびに「何とか出席を!」といわれ、出席させたこともあります。
とにかく、最終的にここまでできるようになるにはお金もいりますが、分身達に対しての並々ならぬ根性がいります。
そして長々とここ待てひっぱてきたのは、JTBの説明会と小学校の説明会が同日に行われること。
体調的にきついときなんですよ!
金銭的にもね。
まいったということです。
[PR]
by daunaa1 | 2009-04-10 13:26 | 愚痴
<< 哲学バトン I am afraid of ... >>