胃腸風邪

はやってるみたいですね。
胃腸風邪。
テレビでも注意を促してました。
あれは発熱よりツライですね。
ダウナーはそう思います。
熱はまだ氷枕、ヒエピタシート、坐薬などで我慢ができますが、胃腸風邪は駄目。

CAUTION!
お食事前、お食事中の人は読まないでね。
伏せ字モードオン。
頭や体がだるく、吐き気とおなかがおかしく・・・・
どっちが先かはそのとき次第で、ダウナーは変な冷や汗が出てきたら洗面器をセットして布団の上でじっとしています・・・。
あとは・・・。
事件勃発。そうなるともういつもの病院へGo!
時間の猶予はありません。
忘れていけないのはエマージェンシー用袋の持参のこと。
ダウナー今まで生きてきた中で悟ったことは、病院は元気があるうちに行くこと!
元気がなくなると誰かの助けがないといけないぞ!
そして点滴をしてもらうのが一番。
後は休養でしょうか。
お子さんのお持ちの家庭はなかなかうまくいかないのですが、それでも何とか休みを取って・・・。

後は、病院でもらってくる薬。
病院によっては処方が変わるかと思いますが、だいたい、ナウゼリン(吐き気止め)、ストロカイン(胃腸の不快感を止める)、ブスコバン(下痢を止めたり、痛みを止める)抗生物質、ビオフェルミン系(整腸剤)、坐薬としてはナウゼリンで決まり。

話はずれますが、それで病院に行くと2通りの病院の方針がありますね。
一つはとにかく今の症状を緩和する処置をとる病院。
一つは生理的現象として、大変でもとことん上と下から出させたり、発熱をさせたり。
熱はまだ我慢できます。
まだ口に何か摂取できるので。
しかし胃腸風邪は最悪何も口から摂取できなくなりますよね。
そういった場合、無理矢理にでも点滴でもして止めて欲しいというのがダウナーの希望なんですが。
時間外診療でいつもの病院でないところに行くと、これ以上の医療行為はできませんから我慢してね、と突っぱねるところ。
おねがい!
しんどいの、助けて欲しいの。
だから来たの。
そんな冷たいこと言わずに楽にさせて!
とCryする体力があれば、したいです。

この2年前までは胃腸風邪にならなかったのですが、最近良くなります。
つわりの再来?!
もう情けないのですが、この場合は大人とか、そういうプライドはかなぐり捨てないと駄目ですね。
上からの場合、涙、鼻水、冷や汗、一緒に出てきますね。
ダウナーの場合。
下からの場合、トイレを占領してください。
念のため洗面器を持参することをおすすめします。

なぜならこんなに世の中がフィーバーする前にダウナーと分身は流行の最先端を体験しました。
まだ分身は保険としておむつをしてるので粗相をしても、子供だし、失敗しても・・・ね。
大人はそういうわけには。甘く見てましたよ、ダウナーは。
エマージェンシー状態になったとき、上と下が同時に発動したんです。
お恥ずかしながら。気持ち悪いのは気持ち悪いのですが、本当に悩みました。
そんな中で。
どっちが先だろう、どっちを処置すればいい?
冗談抜きで。

なめてはいけません。
なめては。
胃腸風邪は特にエマージェンシー度最高ということです。
レベル4ぐらい。
バイオハザードなら。

といっても、インフルエンザも困りますね。
とにかく、うがいと手洗い、なるべく疲れないように、ビタミンCたっぷりと。
後は楽しいブログを見て、書いて・・・。
これは場合によってはよしておいた方がいいかなっ?!
[PR]
by daunaa1 | 2008-10-30 13:39 | 日記
<< ゲシュタルト崩壊 衣類の脱ぎよう >>